ヨーロッパでよく見かけた陽だまりのカフェテラス
新聞を読む人
読書をする人
会話を楽しむ人たち・・・
ゆっくりと流れる時間
そこはくつろぎの場所

身のまわりのちょっとしたことを書き綴りました。
お気に入りのお茶でも入れて
ゆっくりしていってくださいね。

2018年7月17日

暑い

ハイビスカス 暑い!毎日体温近い気温が続いています。駐車場に止めていた車に乗ったら外気温40度と表示されてびっくり。コンクリートやアスファルトの上は確かに暑いですものね。とても雑草抜きなんてできないので庭が酷い事になっています。元気なのはハイビスカスくらいでしょうか。

 室内でも熱中症の危険があるので居間のエアコンがまわりっぱなしです。もちろんレッスン室もフル稼働状態。北海道の友人が「冬の灯油代のために働いている」と嘆いていたことがありますが、こちらは夏のエアコン代のために働いているような気がしてきました。電気代、うなぎのぼり。とはいえこの暑い中、丘を登ってお稽古に通ってくる生徒さん達のために、レッスン室は冷やしておかなければなりません。あまり外と中の気温差が大きくない方が良いとも聞きますが、冗談じゃない。27度以下にキープします。暑さで少々ばて気味の生徒さん、待っている間に大きなあくび。さもありなん。ここまで暑いと体が慣れるという限度を超えています。どう暑さを乗り切るか、集中力がなくなってしまった生徒さんのレッスンをどう組み立てるか、夏の課題です。

メールお便りはこちら  ▲ページトップへ

2018年7月9日

帰還

高梁にて コーラスおおるり、無事帰ってきました。西日本豪雨に巻き込まれ、コンサートどころか避難民寸前になりました。たくさんの方の協力と運の強さに守られて、全員無事に帰ることができました。
 交流先は岡山県高梁市。高梁川そばのホテルに滞在して、市をあげての「童謡まつり」にゲスト出演の予定でした。大雨洪水警報、避難警告、氾濫、土砂崩れ。道路は使えなくなりました。ホテルは幸いちょっと高いところにあったので浸水は免れましたが、川まで徒歩数分の距離です。サイレンがひっきりなしに鳴って、上流のダムが放流。見る見る溢れました。その頃には目の前のコンビニには水も食料も何もなくなっていました。ホテルに2泊の予定でしたので、そこまでは置いてもらえましたが延泊は出来ず、伯備線は電柱が倒れたり土砂が流れて線路がむき出しになって復旧の見通しが立たず、国道があちこち不通になったうえにバスが冠水して使えずドライバーも非難している状態で移動もできず、文字通り必死で脱出手段を探りました。幸運にもなんとか手段が見つかり、岡山空港近くの宿に着いた時は本当にホッとしました。こちらも豪雨で冠水したり土砂崩れがあったりしましたが、新幹線が復旧していたので東京に戻ることができたのです。

 写真は高梁に着いてすぐ、現地の先生方と和やかに夕食をいただいた時の物です。かなり雨が降っていましたが、ここまでになるとは正直思っていませんでした。周りに被害を受けた人がたくさんいる中、私達のために食事を手配したり情報を集めてくれたりと、中山先生には大変お世話になりました。そしてコーラスおおるりの面々、先が見えなくて不安だったでしょうに愚痴も文句も言わず、黙々と指示通りに動いてくれました。そんな皆を束ねた団長さん、ご苦労様でした。海外旅行が専門なのですが、今回私達と中山先生との縁を取り持ってくれた関係で、いつも添乗してくれている佐和子さんが同行してくれていたことも幸いしました。もっともここまでのトラブルは初めてだったそうです。最後にピアニストとして私と一緒にコーラスおおるりを支えてくれているいとこの裕子さん。日頃から行動派の彼女のおかげでいろいろな知恵が得られました。皆さん、ありがとうございました。この2~3日ろくに寝られませんでしたが、今夜はゆっくり寝られそうです。明日からまたいつもの生活が始まります。

メールお便りはこちら  ▲ページトップへ

2018年7月2日

キラキラ

チラシ 今年も折り返しを過ぎましたね。梅雨明けしてもう暑い暑い!アスファルトの上を歩いていると、絶対に体温超えの気温だと思います。
 今日はコーラスおおるりの臨時練習。出発前の最終練習でした。高梁からはコンサートのチラシの他、当日のタイムスケジュールや楽屋割表なども届き、いよいよという感じです。団員たちの気合も高まり、ここ1~2回の練習ではめきめき上達、ハーモニーがきれいになってきました。練習を録音して帰り、聴きなおすと客観的に出来不出来がわかりますからね。普段も熱心な人は録音していましたが、このところは指揮者の所に机を出してきて皆レコーダーをオン!全体を録音できたので上達に拍車がかかりました。今後は普段から録音机を出しておくようにしようかしら…ともあれ自信を持って舞台で歌えそうです。

バレッタ 今回ブラウスを新調したのに合わせ、バレッタ(髪飾り)を注文して作ってもらう事にしました。団長さんがビーズ細工がお得意なのです。私は服は黒ですし、指揮者は後ろ姿で勝負(?)なので、アクセントをつけるとしたら髪飾りしかありません。ドレスに合わせておおるりブルーのバレッタをお願いしました。先日出来上がってきたのがコレ。写真が下手で分かりにくいのですが光が当たるとキラキラとしてきれいです。予想以上の仕上がりでした。労をねぎらいお支払しようとしたら、団長さん、しばらく考えた後「もうすぐ誕生日だからプレゼントします」と言ってくださいました。感涙。春先からこっちバタバタ続きで自分の誕生日の事なんか考えもしませんでした。団長さんの心のこもったバレッタ。手の中のキラキラがいとおしくなって、ほっこりして、ちょっと心に余裕ができたような感じがしました。

メールお便りはこちら  ▲ページトップへ

home  back

メールご意見・ご感想はこちらへどうぞ

■このHPで使用している素材に関してはあとがきをご覧ください。

▲ページトップへ

inserted by FC2 system